下北沢の小児歯科・こどもの歯医者さん

お知らせ 歯のカレンダー 院内 歯医者・衛生士スタッフ 歯医者さんグッズ 料金 地図 予約







世田谷区ドクターズ

患者様の声


休診日 症例Q&Aクリーニング むし歯リスクテスト フッ素 シーラント 定期健診 予防歯科

予防歯科Q&A

Q.フッ素塗布が歯にいいと聞きました。いつから始めればいいですか?

A.乳歯が生え始めたら、歯磨きの練習を始めましょう。
お口の中を触られるのに慣れさせるために、まずはほっぺやお口を指でさわったり、少しずつガーゼで拭ったりしてみましょう。
上手にできるようになってきたら、乳歯用の歯ブラシで歯にさわる練習、少しずつ動かす練習をします。
奥歯が生え始める1歳半頃には本格的な歯磨きを始めましょう。

 

Q.歯磨き粉はいつごろから使えばいいですか?

A.基本的には、うがいができるようになったら使用してかまいません。歯磨き粉を使って磨いたあとは軽く1、2回うがいをします。まだしっかりうがいができない場合、飲み込んでしまっても安全な低濃度のフッ素が配合されたものもあるので、定期健診の時にお子さま一人一人にあった歯磨き粉の使い方をお伝えします。

 

Q.歯磨きは1日何回すればいいですか?

A.食事やおやつを食べたあとすぐにするのが理想ですが、なかなかうまくいかないと思います。そこで、おうちの方には、1日1回寝る前にしっかり時間をとって、仕上げ磨きをしてもらうようにお話しています。
しかし、1回でしっかり磨くことが難しいお子さまは、何回かに回数を分けて磨くこと場合もあります。朝は、お子さま一人で磨かせてもよいので、朝晩2回の歯磨きの習慣をつけていきましょう。

 

Q.お母さんがむし歯になりやすいと、子どももなりやすいのですか?

A.歯の質などの遺伝というよりも、家庭での食生活や歯磨きの仕方など、後天的なものが影響することが多いです。
赤ちゃんのお口の中は、おなかの中にいる時はきれいですが、歯が生えてくるとお口の中に細菌がすみついてきます。大人とのスプーンの共有、口移し、キッス等でむし歯菌が伝わるといわれていますが、赤ちゃんとのスキンシップは大切なことなので、すべて制限する必要はないと考えます。
食生活や歯磨きなどに注意するとともに、お母さんや周りの人自身も、定期健診などを受けて、お口の中を清潔に保つことが大切です。

 

Q.フッ素はいつから始めればいいですか?

A.フッ素は、生えたてでまだ弱い歯を硬くする作用があり、生えてから1、2年までの歯に一番効果があります。
当院では、上の前歯4本・下の前歯4本が萌出したらフッ素塗布をすることをおすすめしています。

 

Q.キシリトールにはどんな効果があるのですか?

A.キシリトールは天然の甘味料で、むし歯菌の活動を弱めて、歯を溶かす酸が作られるのを阻止し、むし歯を予防できるといわれています。
しかし、与えすぎると甘味嗜好が強くなってしまいます。味の好みは3歳までに決まるといわれているので、まだアメ・ラムネ・グミなどを覚えていないお子さまには積極的には与えず、どうしてもやめられない時にだけ代用糖として取り入れることをおすすめしています。
市販の商品の中には、キシリトールだけでなく砂糖を含めた他の甘味料が含まれていることがあるので、成分表を見て選択しましょう。また、一度に食べ過ぎるとおなかがゆるくなったりすることがあるので注意が必要です。

 

Q.歯ブラシはどうやって選んだらいいですか?

A.お子さまは歯ブラシの先を噛んでしまって毛先がすぐ開いてしまうことが多いので、本人用と仕上げ用と別々のものを用意します。
本人用の歯ブラシは、楽しく歯磨きをするためにも、好きなキャラクターのものなどでよいと思います。
仕上げ用の歯ブラシは、奥までしっかり入るように柄が長めのもの、毛が柔らかすぎたり毛足が長いと、しなってしまって汚れが取れないので、普通のかたさで、なるべく毛足が短く、まっすぐカットされているものを選ぶとよいです。
どちらも、毛がひらいてしまう前に、1か月くらいで取り換えましょう。

 

Q.むし歯予防のフッ素は安全?

フッ素は安全か気にする方が多くいらっしゃいます。 フッ素にもいろいろな種類があって、ガラスを溶かすようなフッ素化合物もありますが歯科に用いられるフッ素化合物は、そういうものとは別の性質のものです。例えば、同じ塩素の化合物といっても、塩素ガスは毒ガスですが、食塩は食品であるのと同じです。 ただ、どんなによいものでも適量ということがあります。砂糖や塩でもあまりに多くとりすぎると病気になり、死にもつながることもあります。だから、むし歯予防のフッ素にも、安全な量の基準が決められています。 通常の使用方法の量であれば全く問題はなく、世界中の学者や専門家により研究がおこなわれ安全性が確立されています。 むし歯予防にフッ素を使うことは、世界保健機構(WHO) や国際歯科連盟(FDI)をはじめ、日本でも厚生省、文部省、 日本歯科医師会などが推奨しています。 また、フッ素を塗ると歯が黒くなる?と聞かれることがあります。 むし歯予防のフッ素で歯が黒くなることはありません。歯が黒くなるのは、むし歯の進行を止めるために使うサホライド(フッ化ジアミン銀)というお薬を使った場合です。


こどもの歯並び歯医者さんTOP 治療について お知らせ 院内のようす スタッフ アクセス 予約・相談メールフォーム

東京都 小児歯科/小児矯正歯科
こどもの歯医者さん
〒155-0033 東京都世田谷区 代田6-6-1 B1F TEL.03-3485-3792
■診療時間
10:00〜19:30
10:00〜19:30
10:00〜19:30
10:00〜19:30
10:00〜17:30 
10:00〜17:30 ※月1回(不定期診療)

※日曜日は完全予約制
13:00〜14:30:お昼休み

tel:03-3485-3792